タンポポの花~アルコール依存症からの回復~

アルコール依存症からの回復がテーマです。また、いずれ自分がどのように回復していったか伝えられるようになれば嬉しいかと思います。

断酒の危機:ライブ・編集バージョン

今回のコロナ騒動のおかげでですね。

一月ほど断酒会がなかったわけですよ。
あるアメシストの大先輩は「頭と体と心がばらばらだった」と称されておりましたが、ブログ主の場合は「緊張の糸を左右に引っ張られ、引きちぎられるところだった」ところでした。
まあ、それでいながらあるツイッターのフォロワーさんに断酒に失敗したと聞いては労いの言葉をかけたり。
実は自分はそれどころじゃなくて一回糸が切れかけて、酒を買う意思を持ってコンビニに直行したのです。
 
それは断酒会再開の知らせを受ける直前に起こりました。
先日の水曜だったか木曜だったか。
私は猛烈な飲酒欲求に襲われました。
断酒会はなくて緊張の糸をほぐすところがない。
家族会はひらかれておりましたが散発的であり、糸は少し緩むがすぐ戻ってしまう。
そうしてギリギリと緊張の糸は引っ張られていき・・・・・。
ぷつんと切れかけた(切れかけたんです。これは、後でわかります)。
よし!酒、買お!
買って飲んでツイッターで動画でも流してやろ!
なんてなくだらないことを決意したブログ主は近所のコンビニに特攻したわけでございます。
 
道中。
せっかくだから、エビスビールが呑みたいなあ
載せるのは記事でいいかな、いや写真もつけよう。
動画は顔ばれするから、いや、してもいいかなあ。
飲んだらネットで俺は人間モルモットだ。
うへ、うへへ、うへへへへへへへへ。
ツイッター看板に何を背負っているかを知っておきながらのこの態度。
悪意ある飲酒です。
飲んだら裏切りと皆の失望のスパイスが効いてさぞ美味かったことでしょう。
 
で、コンビニに着いた。
お酒コーナーに直行。
そして、ほんとうに久しぶりに購買目的でビールの値段を見たのです。
エビスビールの値段は約330円。
ブログ主はそこで硬直し、思いました。
「たっか・・・・。」
普段から家計簿をつけて食費の計算をしていればわかるんですけど、ラガービールってのは実に高級な飲み物だったのです。
その時点で飲酒意欲は半分冷めてます。
風〇に行って入店料とサービス料が別料金だと聞かされる貧乏学生と同じ。
 
飲める酒!
それはないか!
ありました。
 
ス〇ゼロ系飲料、麦〇ーン、かみ〇り三代。
 
しかし、ブログ主はこれ呑んで一度死にかけた経験があるわけでして・・・・。
要はどれもこれも下手に買ったら「これで牛ステーキが二枚食える」とか頭によぎってしまったわけです。
結局買わずに帰ったわけですが。
悪意から来た断酒。
そのおかげで経済観念という理性がかろうじて働きブログ主は難を逃れました。
本能で行ってたらどうなっていたでしょう?
ちょっと怖いです。